自分のために欲しくなる小さな家7軒! | homify

自分のために欲しくなる小さな家7軒!

Emi M Emi M
Elena Arsentyeva Kitchen Wood Grey
Loading admin actions …

「小さい家」というと敷地やコスト面で小さくせざるを得なかった… というネガティブなイメージがあるかもしれません。しかし今回紹介する7軒の小さい家は「むしろこれが欲しい!」と思わず言ってしまいそうな魅力的なデザインばかり。あなたが本当に欲しいのはだだっ広いだけの巨大な家ですか?それとも温かくておしゃれでスタイルを持った小さな家ですか?

小さい家とおしゃれモダンなコントラスト

Timber Clad Exterior Facit Homes Wooden houses
Facit Homes

Timber Clad Exterior

Facit Homes

まずはロンドンの建築家によるこちらの小さい家のおしゃれな外観を見てみましょう。片流れ屋根のシンプルな形状ながら、開口部は切妻型というユニークなデザインが印象的です。全体に大きな開口部を取った中央のボリュームと閉じたデザインの両サイドのボリューム、このコントラストもモダンです。木材の外壁に合わせ、窓枠も太めの木製にすることでゆったりした大らかさを感じます。


「住まいの写真」ページでは様々な種類の和室を紹介しています。◀

※ 和室の写真ページ

小さいけどおしゃれな家、ナチュラルモダンな外観

小さいけどおしゃれな家は外観のインパクトが違います。こちらの小さい家はおしゃれな直線的なラインでモダンな印象に。細い木製ルーバーは日除けや目隠しとして機能するほか、見た目の魅力ももちろんあります。建物を囲む縁側のように使えるデッキや、自然を身近に感じることができる大きな開口部も素敵ですね。


◆homifyには多くの建築家や住まいの専門家が登録しています。専門家のリストから希望の専門家を見つけましょう!◆

 homifyに登録している建築家 ※

​小さいけどおしゃれな家、変形狭小敷地にも対応

変形狭小敷地に立つこちらの​小さいけどおしゃれな家、敷地はなんと15坪です。しかし視覚のトリックを最大限活用し、圧迫感のない快適な居住空間を実現しました。明るい自然光の差す室内にはフレキシブルに使えるロフトも完備。家族が居心地良く暮らすことができる小さな家です。


【住まいづくりついては、こちらの記事でも紹介しています】

※ モダン!オシャレ!かっこいい!シンプルな外観の家26選!

小さい家のおしゃれな室内、カントリー&インダストリアルで

小さい家のおしゃれな室内も見ていきましょう。こちらは小さなキッチン&ダイニング。ナチュラル感のあるカントリースタイルをインダストリアルスタイルに寄せてよりシンプルにコーディネート。ミニチュアハウスの可愛さにも通じる、小さくてキュートなスタイリングです!

小さい部屋のお手本コーディネート

小さい室内では白をベースに中間色でまとめると、圧迫感や閉塞感を感じない居心地の良い空間になります。こちらは良い事例。照明の柔らかい光が広がる白い壁と天井、質感をプラスするコンクリートの床、ナチュラルな木製家具や中間色のソファ。差し色はクッションで。少しだけ加えた黒い要素がインダストリアルなアクセントとなっています。

小さいけどおしゃれな家の上級ミックススタイル

小さい部屋ではミニマルスタイルがおすすめですが、必ずそうしなければならないというルールはありません。賑やかに見えるミックススタイルも作れます!こちらはアジアンチックな自然素材の家具があったり、モダンな椅子があったり、インダストリアルな要素もあったり… とかなり上級者なミックススタイル。でも実は要素が多いように見えても装飾の数は少なく、左右対称の配置が意識されていたり、色の分量などもかなり計算されているとても洗練されたコーディネート。

より広く見せるテクニック

小さい家では室内の床面積をなんとか増やそうとやっきになるのもふつうのこと。しかし敢えて室内のスペースを少しだけ削ってバルコニーにしてみると… あら不思議、実際の面積よりも広く見えるのです。例えばこちらは長方形の角部分をウッドデッキのバルコニーにしています。斜めに切り取った大きな開口部による開放感と視線の伸びにより、小さい部屋でも圧迫感がありません。気軽に出ることが出来る外部空間が生まれ、家での過ごし方にもバリエーションが生まれるという利点もあります。

【小さな家、狭小住宅については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 狭小住宅を建てる前に知っておきたい6つのこと

※ 狭小住宅でも広々とした開放的な住まいにする6つの方法

◆homifyには多くの建築家や住まいの専門家が登録しています。専門家のリストから希望の専門家を見つけましょう!◆

※ homifyに登録している建築家のリスト 

▶homifyで建築家を探してみませんか?◀  

※  建築家の募集ができる無料相談ページ ※ 


追記:建設面積8坪に小さい家を建てる

東京で小さい家を建てるメリットだってあります。都心など土地価格が高く、広い建設面積の確保が難しい立地では、小さい家を建てる時に効率のよい間取りづくりを心がけることで敷地のデメリットを上手く解決できます。こちらは東京都心の住宅密集地に立地する建設面積わずか8坪に建つ住まい。居住空間は、縦空間を効率よく活かせる吹き抜けやスケルトン階段を活用し、リビングの中心に配置された三角ルーフテラスからは光と風がたっぷりと吹き抜ける開放感のある明るい室内がつくられています。

追記:スキップフロアを活用した小さい家を建てる

こちらは傾斜地を活用した住まい。なんと高低差6mの崖地に立地するこの小さい家を建てるポイントは、スキップフロアを最大限に活用した間取りです。階段を中央に配置し、前後の空間をスキップフロアとすることで上下の階を緩やかに繋げ、階数を意識させない自然な空間の繋がりがデザインされています。また日当たりがよく眺望が素晴らしいこの傾斜地住宅のメリットが活きるよう、可能な限り間仕切りを設けず、上下階が一体的となる空間デザインが意識されています。多くの工夫で明るく広々とした小さい家を建てることが可能です。

Need help with your home project?
Get in touch!

Discover home inspiration!