こんな家に住みたい!大屋根が印象的な家10軒!

Request quote

Invalid number. Please check the country code, prefix and phone number
By clicking 'Send' I confirm I have read the Privacy Policy & agree that my foregoing information will be processed to answer my request.
Note: You can revoke your consent by emailing privacy@homify.com with effect for the future.

こんな家に住みたい!大屋根が印象的な家10軒!

kiyohid.hayasi –  homify kiyohid.hayasi – homify
Classic style houses by STUDIO POH Classic
Loading admin actions …

屋根は、雨や雪、そして強い日差しを遮り、その中での暮らしを快適なものにしてくれます。また機能面だけでなく、それは住まいの印象を決定付けるような重要なデザインの要素となります。そこで今回紹介したいのは、そんな屋根が主役となる家。大きな屋根が家を覆い安心感を感じさせるものや、屋根と壁が同じ素材となり統一感を持たせた家など、10軒の大屋根を持つ家を紹介したいと思います。

1

空間建築-傳がてがけたのは黒色の屋根と白色の壁のコントラストが美しい家。こちらの家は大屋根が2階部分を覆っているため、あたかも平屋の家のように見えるかもしれません。このような大屋根は大きな軒下空間を生み出しています。そんな軒下にあるのは開放的な縁側。それは庭と住まいの繋がりを生み出し、開放的で心地良い暮らしを可能にしてくれます。そんな本住宅については、「魅力的なシンプルモダンな家」で詳細を紹介しています。

2

TSC ARCHITECTSが手がけたのは圧倒的な個性を持つ住まい。こちらの家はクライアントの要望で、普通の箱型ではない庇のある家を求められたことにより考えられました。こうした要望を取り入れて、屋根が折曲げられ、壁と一体化して地面まで伸びる個性的な外観の家になったのです。もちろんそれは単なるデザインだけでなく、冬の寒い季節風から家を守り快適な暮らしを可能にしてくれます。このような本住宅については「個性的な外観が生み出す居心地の良さ」で詳細を紹介しています。

3

株式会社タバタ設計が手がけたのは、強い印象を与える大屋根の家です。こちらの家も2階部分が屋根で覆われているため一見すると平屋の家に見えるかもしれません。そんな大屋根に対して、家の前には台形に形作られた目隠しが取り付けられています。遠くから見ると、屋根が下部分が広がる台形に見えるため、目隠しの対称となり、二つの台形が取り込まれたデザインに見えるでしょう。こうした屋根の形をデザインに取り込んだ本住宅については「大屋根の下に広がる家族の空間」で詳細を紹介しています。

4

株式会社KOTORIが手がけたのは、とてもシンプルな形の家。薪ストーブの煙突以外には、目立つ装飾もなく、シンプルなフォルムが際立って見えます。こちらの家の大屋根が生み出すのは広々とした軒下空間。そこには部屋と見間違うような大きなスペースが広がっています。そのためハンモックをかけても、まだ余裕があります。このようなたっぷり解放感を楽しめる本住宅については「大きな屋根の下に広がるナチュラルな住空間」で詳細を紹介しています。

5

Y+M DESIGN OFFICE COが手がけたのは、特別な役割を果たす屋根を持つ家。こちらの家は、居住スペースと離れの茶室を屋根が結びつけています。そのため雨に濡れることなく、茶室へと移動することができます。また二つの空間が別々のものとなることなく、一棟の建物に広がる二つの空間になるように、建物の一体感を生み出しています。こうした繋がりを生み出す住まいについては「やわらかな大屋根によってつながれる、新しい住宅の形」で詳細を紹介しています。

6

Modern houses by arc-d Modern

arc-dが手がけたのは、とても個性的な外観を持つ家。こちらの家では大屋根が家を覆い、そこには天窓や大きな開口部が設けられています。それは大屋根の下に広がる縁側や土間に暖かな太陽の光をもたらしています。そのため縁側や土間は気持ち良く過ごせる場所となるでしょう。そして家族の団らんや、ご近所さんとの交流を心地良く演出してくれるに違いありません。このような本住宅については「高齢夫婦を守り人と暮らしを慈しむ家」で詳細を紹介しています。

7

一級建築士事務所HAUSが手がけたのは大きな三角形の屋根を持つ家。こちらの家はバリ島の文化にインスピレーションを受けて建てられており、屋根の形はそこから考えられています。もちろんそれは形だけでなく雨や日射しから家を守り、ここでの暮らしを快適にしてくれます。また、この印象的な外観は日本であっても、まるでバリ島のリゾート地にいるような素敵な暮らしを演出してくれるでしょう。このような本住宅については、「まるでリゾートホテル!日本とバリの文化が融合した家」で詳細を紹介しています。

8

ALTS DESIGN OFFICEが手がけたのは家族のための家。こちらの家の2階部分は屋根で完全に覆われています。このような大屋根の下に広がるのは広々とした空間。中央部分は吹き抜けとなっており、1階から屋根の下まで一つの空間となっています。そのためここでは閉塞感を感じることなく、ゆったりと過ごすことができるのです。こうした広がりが感じられる本住宅については「家族団らんが良く似合う!大きな屋根に包まれた温かい住まい」で詳細を紹介しています。

9

澤村昌彦建築設計事務所が手がけたのは、重厚感を感じさせる家。屋根は家の前までせり出して大きな軒下空間を生み出しています。そんな軒下にあるのは石のテラスとウッドデッキ。石のテラスは玄関の土間と、そしてウッドデッキはリビングと繋がり、家に広がりを生み出しています。また木と石という二つの異なる素材が住まいを飽きのこない住空間に演出しています。このような本住宅については「和風モダン住宅に加わった北欧の優雅さ」で詳細を紹介しています。

10

STUDIO POHが手がけたのは、瓦葺きの屋根が印象的な建物。こちらの建物は新築ではなく、築100年を超えるものをリノベーションしています。本来は住居として使われおらず、蚕を飼育するための建物でした。このような歴史を持つ建物は、傷んだ構造材などが取り換えられ、現代の耐震基準を満たすものになっています。そして大屋根の下には、建物の歴史が感じられる、そして暮らしを楽しめる空間が生み出されたのです。このような本住宅については「100年の歴史が生み出す印象的な空間」で詳細を紹介しています。

【屋根については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 入り母屋から越屋根まで。屋根の種類とそれぞれの特徴   

 屋根の種類まとめ 

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀ 

募集ページはこちら

Modern houses by Casas inHAUS Modern

Need help with your home project?
Get in touch!

Discover home inspiration!