Living room by Thaisa Camargo Arquitetura e Interiores

低い天井のためのインテリアのコツ

Y. Y. Y. Y.

Request quote

Invalid number. Please check the country code, prefix and phone number
By clicking 'Send' I confirm I have read the Privacy Policy & agree that my foregoing information will be processed to answer my request.
Note: You can revoke your consent by emailing privacy@homify.com with effect for the future.
Loading admin actions …

部屋の高級感や開放感を演出するポイントの一つが天井の高さ。同じ面積の部屋であっても低い天井の部屋より高い天井の部屋の方がが確かに贅沢感がありますね。けれど天井の高さは簡単に変えれませんし、変えられたとしても高い天井ではその分空間の容積は増えるため、冷暖房費もそれに比例するというデメリットもあります。なので今回はリフォームを考える前に、まずは視覚トリックで天井をできるだけ高く見せる方法をご紹介!照明の位置を変えるなど、ちょっとしたコツで思っている以上の効果が見られるかもしれません。

低い天井を高く見せる明るい色

天井が低い場合は、壁や天井の色はできるだけ同系色で明度の高い色を選ぶと良いでしょう。こちらの寝室は室内を全て白く塗られたクラシックなお部屋。インテリアも白とブラウンで統一され、差し色には水色が用いられ落ち着いた印象です。一番奥の壁の部分の天井はかなり低い位置にありますが、室内全体が白く塗られているので天井の低さが目立たず、圧迫感がありません。天井と壁の境界線となる廻縁がある空間には、それも同系色で揃えるといいですね。

縦ストライプを壁デザインに反映する

一辺倒な模様無しの壁紙よりも、縦ストライプを意識した模様を使用すると視野がストライプを追って縦に動きやすくなり、天井が高いような錯覚が起こります。低い天井を実際に押し上げることは出来ませんが、お手軽で安価にできる工夫の一つです。せっかくなのでこちらの実例写真のようにDIYで木材を貼り付けてみてはどうでしょうか?

​垂直方向を強調して天井を高く見せる

垂直方向を強調するのは、低い天井を高く見せるために非常に効果的な方法です。長いカーテンや、壁紙を立てのストライプにする、細長い棚を置くなど方法は色々あります。こちらのモダンなリビングのようにハンギングチェアなどを吊るしてもいいですね。家具などを吊るす場合は、立ての線が長くなるよう気をつけると良いでしょう。

適切なカーテンを選んで高く見せる

縦の線を強調するために、カーテンはできるだけ高い位置から床すれすれのところまで吊るしましょう。軽いビジュアルの素材を使うとテキスタイルの面積が大きくても、さほど重い印象を与えません。FUJIE TEXTILE CO., LTD(株)フジテキスタイルが提案するのは、色の組み合わせが響き合うテキスタイルや異素材の組み合わせによる質感のコントラスト。様々な組み合わせを前提としてデザインされているそうです。こちらのグラスガーデンと名付けられたシリーズは、重ねられたカーテンが光を通すようすはまるでガラスのように繊細です。

照明を下から上に向けて低い天井を高く見せる

照明はインテリアを作用する最も重要なアイテムのひとつ。部屋を広く見せたい時、部屋の雰囲気作りをしたい時、適切な照明ひとつでかなり効率良く部屋を「変える」ことができます。部屋の天井が低い場合は、天井から吊すタイプのペンダントライトより、フロアランプの方がお勧めです。床に直接光をあてるより、壁や家具に当て部屋に奥行きを出した方が、天井は高く感じます。例えば日本の伝統的な部屋である和室の天井は比較的低いのですが、床から照らすタイプのフロアランプすると、部屋の陰影が強調され奥行きも出るため、内張りの低さを感じさせません。優しい光の間接照明で、部屋の雰囲気も上品になります。フロアライトはドアの対角に当たる所に置くと効果的です。

適切な家具を選んで天井との間に幅を持たせる

 Bedroom by (株)バウハウス
(株)バウハウス

ロフトを利用した来客用寝室

(株)バウハウス

千葉県野田市を拠点に活動する建築会社(株)バウハウスが設計したこちらのお住まいは、エアコンに頼らず、快適に暮らす工夫を盛り込んだもの。こちらのお部屋はロフトを利用した来客用寝室です。このようなスペースの場合は、目線を下げるために家具をできるだけ低くすると良いでしょう。大きい家具だとそれだけ目線が上に行きますし、その分圧迫感が感じられます。リビングの場合は、絨毯にクッションを並べて床に座るスタイルにしてもいいですね。椅子などの家具がひとつ減るだけでも、空間に余裕ができます。

絵を飾って部屋を大きく見せる

絵を飾ってみたいけど、天井が低いし、どう選べばいいのか分からないという方は、大きな絵より余白を楽しむために比較的小さな絵を選びましょう。飾る絵も、できればあまり暗くないもの、軽やかなものがいいでしょう。小さめの絵を何枚か一箇所に集めて飾ってもいいですね。その場合は高さを揃えたり、放射線状に飾るとすっきりします。

【天井については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 梁が見える天井の知っておきたい6つのメリット 

※ 天井材がインテリアを決める!その種類と選び方 

 天井は高ければ良いとは限らない!理想的な天井高とは?

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀
募集ページはこちら

 Houses by Casas inHAUS

Need help with your home project? Get in touch!

Discover home inspiration!