部屋を狭く見せる7つの設定ミス

Request quote

Invalid number. Please check the country code, prefix and phone number
By clicking 'Send' I confirm I have read the Privacy Policy & agree that my foregoing information will be processed to answer my request.
Note: You can revoke your consent by emailing privacy@homify.com with effect for the future.

部屋を狭く見せる7つの設定ミス

Emi M Emi M
by homelatte Scandinavian
Loading admin actions …

同じサイズの部屋でも家具の配置や動線の取り方で広さの感覚が大きく変わります。これは逆に言えば部屋のサイズを変えるのは難しくても、工夫次第で少しでも広く見せられるということ!本日の特集は【部屋を狭く見せる7つの設定ミス】です。この7つに気を付ければ、あなたの部屋も今よりもっと広く見せられるはずです!ぜひあなたの自宅もチェックしてみて下さいね。

1、小さいラグ

ラグは意外と目に付きやすい要素です。小さいラグを使用しているとそれがそのまま床面積の印象となり、イコールそれは小さい部屋という印象を人に与えます。ラグやカーペットはローテーブルの周辺など座る場所のサイズぴったりにするのではなく、ソファ下や寝室ならベッド下までかかるくらいのサイズを選びましょう。

2、不必要に大きい家具

大は小を兼ねると言いますが、必要もないのに大きなサイズの家具を置けばそれだけでスペースが圧迫され、窮屈な雰囲気の部屋となります。特にソファや収納棚は大きい方が良いだろうと思われがちですが、場所を取るのに意外に使ってない… という状況に陥る人もしばしば。家族の人数とライフスタイルに適したサイズを選びましょう。

3、まとまりのないクッションやブランケット

クッションやブランケットは居心地の良いリビングルームや寝室を作るためのマストアイテム。でも何でもいいという訳ではありません。色や柄がばらばらでまとまりがないと、乱雑で散らかった雰囲気となってしまいます。アクセントカラーを使用する場合も二色以内でまとめると調和を損なわず、結果部屋も広く見せることができます。

4、照明が足りない

照明が天井のシーリングライトひとつでは部屋を広く見せるにも、居心地の良さを演出するにも不十分です。メインの照明に加え、間接照明を位置の高低や光量の強弱を変えていくつか配置すると、空間に深みと伸びやかさが生まれ部屋を広く見せることができます。またムードある雰囲気となり、より魅力的でリラックスできる部屋となりますよ!

こちらはポルトガルのインテリアランドスケープデザイナーによる住宅。

5、短いカーテン

カーテンは窓のサイズに合わせるというよりも、天井下すぐにカーテンレールを設置して床まで届くサイズを選ぶのがおすすめ。こうすることで縦のラインを強調し天井高をより高く見せることができます。

軽やかな抜け感が欲しいなら薄手の素材と明るい色のカーテンを、クラシックで重厚な雰囲気を作りたいならビロードなどのリッチな質感のもの、マリンスタイルやリゾートスタイルなら麻などのナチュラル&カジュアルな素材のカーテンがおすすめ!

6、暗い色の壁

過去にも何度かお伝えしてきましたが、狭い部屋を広く見せるには光をいかに拡散させるかが重要です。白が最も光を拡散する色で、暗く濃い色になればなるほど光を吸収してしまいます。部屋を少しでも広くみせたいなら暗い色の壁は避けましょう。アクセントとして小さな面積に使うのはOKでも、自然光がたっぷり差し込む大きな窓がある部屋以外はおすすめしません。

7、多すぎる装飾

装飾は住み手の個性を反映するもの。まったく無くても寂しいものですが、多すぎるとごちゃごちゃと乱雑な印象で部屋を狭く見せます。装飾品をたくさん持っているという方も飾るのは厳選したアイテムのみにして、シーズン毎に入れ替えるなどで一挙に飾り過ぎないよう気をつけましょう。

Modern houses by Casas inHAUS Modern

Need help with your home project?
Get in touch!

Discover home inspiration!